«  2013年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2013年6月 6日

ビフォアー2.jpgアフター2.jpgのサムネール画像

古来より、女性の美への飽くなき探究心は、全ての科学研究を超える程の、すさまじい想いがあるようですね!(^◇^)
クレオパトラや楊貴妃の美への逸話は尽きる事がないように。。
 シンデレラでは、歳を老いていく恐怖から、嫉妬に刈られた継母が殺害計画を企てちゃう程、女性の美への想いは激しいようですね!(+o+)

 でも、そのお陰と言っちゃ~、変ですが、男は綺麗な女性にモテたいイッシンから、他のオスに勝ち続けるように頑張った! だからこそ今日の人類の繁栄があったと言っても過言じゃないほど、女性の美は大切に思えるのは僕だけですかね~?

 当医院の昼休み医局も女性スタッフの話題は新しいコスメやダイエットの話題が満載で
僕のようなオジサンは入り込む余地すらなく、相手にもしてもらえないのが現状です(T_T)

 まあ(涙)気を取り直して、本日のテーマに行きたいと思います(^O^)/
人間は年齢がいくと、お肌から水分が減ります!これが全ての女性の敵となっています。
そのせいで、お肌はカサカサして、潤いを失いそして最悪なシワという(>_<)女性にとっては悪魔にも等しい怪物が出現して来ます(恐)!

 話は変わりますが(って変わるんカイ!) 皆さんは法令線ってご存知ですか?
法令線て言うと何か、法律的に超えてはいけない危ない線のように感じるんですが(確かに超えてはイケない線かも(>_<)! 決して六法全書に載ってる物では無く、人間の顔には全ての人が持ってる線の事です。
法令線とは、鼻の横の頬の部分から口元に掛けて伸びる線で、時には唇の脇を超えてアゴのトコロまで伸びるシワ(マリオネットライン)を言います。
 歳を重ねこの部分に水分量が減ると、このシワが深くなって来ます(T_T)
このシワのげに恐ろしきは、顔の中心に存在する所にあります!
日本の女性は前髪をオデコにかける方が多いいので、見える部分の中心が鼻から頬にかけてになる事が考えられます。。
しかるに、このシワが深くなるととどうしても老けて見えがちになってしまいます。
 私たち歯医者は、学生時代に良い入れ歯を入れれば口元のシワは治せると習いました(+o+)
今になって思えば、ずいぶんインチキな事、間に受けてたな~と思います(笑)
だって奥さん!そうでしょ!口元のシワは歯が全部あっても増えて深くなっていくし、水分が減ってシワができるのに入れ歯の厚みでシワ消したら、猿みたいになっちゃいますよ~

現実,僕も昔しに母親に作った入れ歯が、シワを伸ばそうと頑張ってみたものの、出来上がりは
猿の惑星のコーネリアスのような口元になった覚えがあります。

 やはり、水分が減った物は水分で補うしかないんですね(^◇^)
昨今は、法令線や唇の周りのちりめんジワには、ヒアルロン酸が使われるようになってきております。
 ヒアルロン酸は整形外科で関節などに多く臨床応用されていて、安全性の高い潤いを戻すための物です。
これを、口元のシワに応用してあげることによって、お肌の張りを戻し、見た目の若さを取り戻してあげる事が出来ます(^O^)/
 しかも、美容整形では無いので、皆さんの元々あった肌の潤いを取り戻す事がメインで、顔の形を変えたりするものではありません。若がえりが、その場でわかる女性の強~い味方です。

ウチのスタッフが皆、美しさを保っているのはヒアルロン酸のせいかもしれませんね(笑)
でもそんなスタッフが一番怒るのは、ヒアルロン酸の約束をしておいたのに、僕がすっかり忘れて帰ってしまった時です。 歯科治療なら怒られないのに(>_<)
  ~やはり女性の美への執着心は恐るべし~(*^_^*)

2013年6月 2日

写真.JPG
だんだんジメジメ暑くなって来ましたね!
巷の話題も梅雨真っ盛り!カラッと晴れ上がった夏が待ち遠しいですね
そんなわけで、今日は4月にハワイで行われたAAE(アメリカ歯内療法学会)に
出席した時に、冷や汗があふれる程ヒヤっとした出来事の、冷やしブログを提供したいと
思います。
 
学会は世界中から参加していた多くのドクター達に刺激を受け、やはりアメリカの学会は
相変わらず凄いな~と圧倒されるばかりでした。
しかし事件は学会会場で起きたのではなく、現場でおきたんです!(ネタが古い)

 その現場とは(>_<)  ノースショアーにシーズン最後ぐらいの波がヒットしており
学会前の早朝に、愛知からいらしていた、サーファーのドクターとレンタカーを借りイソイソと出かけた時の話です。
波はハワイアンサイズの5フィートオーバーと、ヘッポコサーファーの僕を痛めつけるには
充分すぎるものでした(危うく溺れ死ぬ所だった)。ギラギラとおっかないローカルサーファーに邪魔者扱いされながらも
なんとか数本良い波をゲットすることができて、ご満悦な気分で学会会場に向けてレンタカーを
颯爽と走らせていました。

 なにぶん海外の運転にも慣れて無く、その上拙い英語力のために、
車の英語のナビが指示した交差点の一本手前を曲がってしまいUターンする場所も
解らず、ドンドンと本来の道から外れていき(T_T)どうにもならなくなっていました。
 
 学会の開始時間は迫りますし、英語のアホNAVI君は僕らにムカついてるのか
反応すらしなくなってしまい、脳みそはオーバーヒート直前に熱くなっていたその時、
なんとなく右側にドンくさそうな、田舎の脇道が見えたので、ここなら奥でUターンができるだろうと
エイやッタ~とハンドルを右に切りました(^O^)/ あ~ やっと戻れると思ったのも、
つかの間(T_T)  ドンくさい田舎の脇道は、アメリカ軍基地のゲートに続く一本道だったのです~

 ゲートの向こうには大きな機関銃を抱えた屈強なGIジョーのような兵士2人が、明らかに友好的では無い表情で、こちらに来いと手を振ってました。
 先ほどまでテンパってかいていた汗は、一瞬にして凍りつき全身から冷やし中華が噴出しそうな状態になって行きました。
 我々は、兵士に懇願するように「I am sorry~ only mistake Its way was lost(T_T) 
we are Japanea~z(V)o¥o(V)}などと、殆ど叫びにも似た声で、ほぼ通じない英語で謝り倒しましたが、兵士の表情はイッコウに怒ったままで(日本でだったら、真っ黒なサーファー親父二人が
これだけ謝り倒したら爆笑ものだ!)機関銃に手を掛けながら免許証を出せと叫んでる! 

 ブぇ~~~ オッかね~~~(T_T)  そんなモノで至近距離からぶち込まれまくったら
男前で(嘘)売ってきた、俺の遺体が跡形もなくなっちまうじゃないか~(>_<)
 頭の中で15年前に逝ったお袋が、コッチに来るなと手を振っている。
恐怖に耐えながらHold upをし、そして国際ライセンスとパスポートを手渡し
謝り続けた。 彼らはそれを持ち無線で何やら長々と話したいた。
こちとら、軍法会議に掛かって帰れなくなるんじゃないかと冷や冷やしてるのに!

 いや!ちょっと待てよ、なんでこんなサーフボード積んだ日本人にここまでするんだ?
そっか~ 今のご時世この若い兵士達も自分の身を守るのに必死なんだな~と思うと
少し可哀想にすら思えるようになって来て、冷静さを取り戻すことができた。

 しかし、そこからが長い!長い! いつまでたっても返してくれる様子がない~(>_<)
学会に間に合わな~い! なんて考えられるほど落ち着いてきた時、ほどなく解放された。
 ぐったりしながら会場に車を走らせたが、やはり勉強の時は、勉強だけをしようと心に誓った2人であった~。(嘘)
 みなさんも、こんな冷やし中華な経験をした事ありますか?

2013年6月 1日

image.jpeg
6月1日は当医院の美人Dr.鈴木先生の誕生日でした。
それを記念してブログを始めたいと思います(^◇^)

当医院は院長始めスタッフがとても仲良くて、(院長の勝手な妄想(T_T))
全てのスタッフの誕生日には特別に何も言わなくても、皆それぞれがお誕生日プレゼントを用意して御祝をするとても良い習慣があります(^O^)/ 
御蔭で皆居心地が良いようで長い年月働いてくれています。
でも、女性スタッフが多い場所なので、いつか皆、お嫁に行っちゃうんだろうな~(T_T)
経営者も20年近くなるといつも人を送り出すばかりで、少し寂しくなってきます。
娘を嫁に出す、父親の気持ちが身に染みて分かります。
でも今の所お嫁に出す予定はなさそうです。(スタッフに刺されるかな?笑)

PS.院長は一昨日のスタッフの誕生日プレゼントを忘れてました!スタッフ一同より(笑)

« 2012年12月 | メイン | 2013年8月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
いぐち歯科クリニック 院長 井口晋利

いぐち歯科クリニック
院長 井口晋利

http://www.iguchi2525
.com/

【略歴】
平成3年3月 昭和大学歯学部 卒業
平成6年8月 いぐち歯科クリニック 開院

【所属学会・認定医など】
●日本歯科保存学会
●日本歯内療法学会
●日本顎咬合学会
●日本障害者歯科学会
●IADT
●自家歯牙移植研究会
●日本歯科麻酔学会
等々所属研修会多数