«  2016年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 冷やしブログ始めました~ ~アメリカ歯内療法学会にて~ | メイン | 同業者お断り~!  * ドクターズドクターでいたい*CM本のウソ »

2013年6月 6日

ビフォアー2.jpgアフター2.jpgのサムネール画像

古来より、女性の美への飽くなき探究心は、全ての科学研究を超える程の、すさまじい想いがあるようですね!(^◇^)
クレオパトラや楊貴妃の美への逸話は尽きる事がないように。。
 シンデレラでは、歳を老いていく恐怖から、嫉妬に刈られた継母が殺害計画を企てちゃう程、女性の美への想いは激しいようですね!(+o+)

 でも、そのお陰と言っちゃ~、変ですが、男は綺麗な女性にモテたいイッシンから、他のオスに勝ち続けるように頑張った! だからこそ今日の人類の繁栄があったと言っても過言じゃないほど、女性の美は大切に思えるのは僕だけですかね~?

 当医院の昼休み医局も女性スタッフの話題は新しいコスメやダイエットの話題が満載で
僕のようなオジサンは入り込む余地すらなく、相手にもしてもらえないのが現状です(T_T)

 まあ(涙)気を取り直して、本日のテーマに行きたいと思います(^O^)/
人間は年齢がいくと、お肌から水分が減ります!これが全ての女性の敵となっています。
そのせいで、お肌はカサカサして、潤いを失いそして最悪なシワという(>_<)女性にとっては悪魔にも等しい怪物が出現して来ます(恐)!

 話は変わりますが(って変わるんカイ!) 皆さんは法令線ってご存知ですか?
法令線て言うと何か、法律的に超えてはいけない危ない線のように感じるんですが(確かに超えてはイケない線かも(>_<)! 決して六法全書に載ってる物では無く、人間の顔には全ての人が持ってる線の事です。
法令線とは、鼻の横の頬の部分から口元に掛けて伸びる線で、時には唇の脇を超えてアゴのトコロまで伸びるシワ(マリオネットライン)を言います。
 歳を重ねこの部分に水分量が減ると、このシワが深くなって来ます(T_T)
このシワのげに恐ろしきは、顔の中心に存在する所にあります!
日本の女性は前髪をオデコにかける方が多いいので、見える部分の中心が鼻から頬にかけてになる事が考えられます。。
しかるに、このシワが深くなるととどうしても老けて見えがちになってしまいます。
 私たち歯医者は、学生時代に良い入れ歯を入れれば口元のシワは治せると習いました(+o+)
今になって思えば、ずいぶんインチキな事、間に受けてたな~と思います(笑)
だって奥さん!そうでしょ!口元のシワは歯が全部あっても増えて深くなっていくし、水分が減ってシワができるのに入れ歯の厚みでシワ消したら、猿みたいになっちゃいますよ~

現実,僕も昔しに母親に作った入れ歯が、シワを伸ばそうと頑張ってみたものの、出来上がりは
猿の惑星のコーネリアスのような口元になった覚えがあります。

 やはり、水分が減った物は水分で補うしかないんですね(^◇^)
昨今は、法令線や唇の周りのちりめんジワには、ヒアルロン酸が使われるようになってきております。
 ヒアルロン酸は整形外科で関節などに多く臨床応用されていて、安全性の高い潤いを戻すための物です。
これを、口元のシワに応用してあげることによって、お肌の張りを戻し、見た目の若さを取り戻してあげる事が出来ます(^O^)/
 しかも、美容整形では無いので、皆さんの元々あった肌の潤いを取り戻す事がメインで、顔の形を変えたりするものではありません。若がえりが、その場でわかる女性の強~い味方です。

ウチのスタッフが皆、美しさを保っているのはヒアルロン酸のせいかもしれませんね(笑)
でもそんなスタッフが一番怒るのは、ヒアルロン酸の約束をしておいたのに、僕がすっかり忘れて帰ってしまった時です。 歯科治療なら怒られないのに(>_<)
  ~やはり女性の美への執着心は恐るべし~(*^_^*)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.iguchi2525.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/403

いぐち歯科クリニック 院長 井口晋利

いぐち歯科クリニック
院長 井口晋利

http://www.iguchi2525
.com/

【略歴】
平成3年3月 昭和大学歯学部 卒業
平成6年8月 いぐち歯科クリニック 開院

【所属学会・認定医など】
●日本歯科保存学会
●日本歯内療法学会
●日本顎咬合学会
●日本障害者歯科学会
●IADT
●自家歯牙移植研究会
●日本歯科麻酔学会
等々所属研修会多数