«  2016年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年10月27日

 ずいぶん久しぶりに、ブログを更新したら
いきなりネガティブな言葉から始まって? どうしちゃったの?って
思われる方がいらっしゃるかもしれませんね?

 秋の陽気に誘われて、とうとう井口もアタマが逝ってしまったのか?
それとも生化学の勉強のし過ぎで、元々アホな頭の容量がパンクしてしまったのか?
な~んて思いますよね?
 そりゃ~そうだ! インプラントの次は、予防で稼げなんて、歯医者向けのセミナーが
全盛期の今!    
 日本の患者さんだって、予防が大切だなんて、百も承知の上田馬之助だって!(ギャグが古すぎ)

 だからこそ、 当医院にも、クリーニングだけのタメに
来院している患者さんが大挙しております(^^♪  (大挙はオーバーか?汗)

 おかげで衛生士さん達は大忙し(^◇^)  ウレシイ悲鳴でもあります!

だってそりゃ~そうでしょ! 奥さん!

 口の中の匂いや、清掃に、意識の低かったと言われていた日本人が
もしかすると、今世界で一番総入れ歯は少ないし
 近い将来虫歯だって、ほとんど無い国になるかもしれない!(^^)/
本当にイイ息爽やかな患者さんが増えている!

 欧米諸国の治療費のように、目が飛び出て、頭の周りを2周するほどの、ビックリする値段なら

しょうがないから、高いカネ払って予防しようってんじゃなくて!

 エチケットとして口の中をキレイにしようという方が増えているって、日本人の国民性の高さを
再認識しちゃうね!(^_-)-☆

 でもね! 聞いてクダサイヨ奥さん!
ネット上では、今でも、脅迫型医療の広告がズラリと並んでる(^^; 恐

 銀歯でアレルギーになるだ、精密な手術をしないと、歯周病で歯が無くなるだ!
なんて、フェイスブックやネットのサイト上に山ほど上がって来てますよね?

 入れ歯も減ってるし、虫歯も減ってるし、クリーニング希望の患者さんも増えてるから
 ちょっとこんな宣伝増えるのヘンじゃね~?って思いますよね?
これを恐怖型医療と言います。

 突然話がトッチラかるけど、オイラは衛生士学校で、生化学という教科を
教えさせてもらっています!
 決して性科学ではありません!汗

 また井口の事だから、卑猥な言葉を黒板に書いて
セクハラ先生をしてるんじゃ無いかって、思ったでしょ?ねえ?どうなのよ? そこの奥さん?
 まあ当たらずしも、遠からずかな?  なんて白状してる場合じゃないんだけど。

 生化学って、あまり聞きなれない言葉ですが
今年、ノーベル賞を受賞した大隅先生や、IPS細胞の山中先生達が研究をなさっている
分子生物学の基礎となるような学問です!

 おいおいおいおいおお~い!
そんな大それたモノ、歯医者のお前なんかが教えられるのかよ?
 ですよね~! ですよね~?
そうです!そりゃ~そうですよ! 奥さん!

 その為に、このイグチ! 数年間という時間を費やして、人間の代謝、免疫、生理!
そんなことばかり勉強して

 生命の神秘(決して女体の神秘ではありませんよ!)を追い求めて
大好きな波乗りも、子供と遊ぶのもセーブして
頑張ってきたんですよ~~~(´;ω;`)ウゥゥ
 って別に偉くないか?(^^)/

そして、その結果、今流行りの予防という言葉が キライになりました!
 お前、さっきと言っている事が違うじゃんか?
さっきは、日本人が口の中キレイになってヨカッタじゃんかと、皆が予防の意識を持ってくれて
ヨカッタじゃんか?と!

 そう そう♪ そうなんです~~~~~~~!
 決して皆さんの意識が高くなった事が、キライになった訳ではなく
生命と医療を深く、深く勉強すれば、するほど 
歯ブラシやPMTC(衛生士によるクリーニング)は、予防では無いと再認識させられました(*_*)

 今日はどうしても、その事を皆さんに伝えたくて
人差し指でしか打てないPCにこうして、向かって居る所存です! (って威張ることか?)

 現在、分子生物学や生化学、そして創薬の分野が、素晴らしい先人たちのお陰で
飛躍的に伸びております!

 つい最近でも、癌で半年程前まで手術もできなかった全身状態の、芸能人の方が
緩和の為とは言い、手術を受けられて! その上、子供の運動会に出席出来る様になったり
 昔だったら、この女子プロレスラーの方、長くないだろうな~って思っていた
ステージ3や4でも改善又は完治の見込み(^^♪
 HIVウイルスの完全除去! 遺伝性疾患の解明、正常遺伝子の組み込み!

 何よりも慢性骨髄性白血病等の予後率の、飛躍的向上には、全てこの分子的、遺伝子的レベルでの創薬があったからなんですね!

 医科ではこの様な取り組みが、ものすごい速度で進んでおります!

でも、これらの新薬が全てを、治せる訳では無く、間違いなく
人は、いつか死を迎えます。

 どんなに科学が進んでも、神様が設計した、この生命の自己治癒力や、再生力に勝るものは無いのが事実!  
 大隅先生がノーベル賞を受賞した、タンパク質の仕組みや、IPS細胞においても
まだまだ神様の設計図を、読み明かすまでには至ってないんだよね(;_:)

 それでも、新しい薬や研究は、自分の細胞までも殺してしまう薬や、従来ヤラレてきた切除や
細胞を壊す放射線やレーザーではなく、

 元々の免疫を最大限に生かした薬だったり
神様が、ほんの少しプログラミングをミスしたモノを、書き直したりする
 もっともっと、生命の根本の所から治す取り組みがなされてるんだ!

だから副作用も少なくなってる。
 それでもネット上に出てくる、怪しい免疫療法なんかの広告は無視してね!

 でも、こんな先進医療にも、実は恐ろしい人体実験のような、消せない沢山の
恐ろしい歴史があるんだ(>_<)恐!
 
 てんかんを治すために、ワザと痙攣を起す薬を投与したり、精神疾患を治す為に
脳の一部を切り取ったり!  こんな治療がつい最近まで行われていたんだよね。
 
 そして、戦前までは不治の病とされていた、結核なんかは
細菌感染なのに、肺を切除すれば、結果が良好なんて論文がたくさんあった!
  
 ブぇ~ン!  パねえぐらい恐ろしい~!

結核で弱った身体から、更に肺取っちゃおうなんて発想、今から考えたら
 チョ~~~~~~~~~ ヤバすぎなんですけど(-_-;) 写真.jpg

そんでもって、これらは、当時の医学界の常識でもあったんだよね~

 さあ!  ここからが本日の本題!
今、結核の話をしたように
 例えばエボラ出血熱やインフルエンザなんかの、感染症は手術(切除)したって
治らないのは、周知の事実だよね(^^♪
 死なない人は、自分の免疫力で、ウイルスや細菌を駆逐して生き残ってるんだ

そう、さっきも書いた、神様の書いた設計図によって生命は自己治癒するんだ!
 
 歯科は全てが、細菌との闘い! 免疫が落ちれば当然、歯周病なんかドンドン進んで
骨が無くなる。
 でもね! 細菌をコントロールすれば、人間には自己治癒能力があって
例え、虫歯であっても、自分の唾液の成分で、進行をさせ無くなる事が解って来てるんだ!

  そう、今日話した事を整理すると、歯科の病気は歯ブラシをすると、殆ど治ってしまうか!
進行はしないんだよね!

 どんな人間も、調べれば病気の一つや二つはある!
これは、オイラ達、医療従事者が勝手に作り出したモノであって予測でしかない!

機能障害があって初めて病気になる!
  
 だから歯科医院でレントゲン撮って、虫歯があるからと言って、削る必要もなければ!
ましてや、歯周病があるからと言って、怪しい豚のタンパク質なんか、高額なお金払って入れる
必要も無い! と多分思います(-_-;)   
 
 人間の免疫は、自分のタンパク質じゃないモノが身体に入ると
排除か、その部分が逃げる! (こいつが歯周病の、骨無くなる仕組み)
 無駄なモノを入れれば入れるほど、治癒の邪魔をするんだ!

一番良い例が、現在は傷口を消毒薬で洗浄しない! 消毒薬は、細菌やウイルスのタンパク質を壊す働きと同時に

 治ろうとしている自分の細胞までも壊してしまうから! だから今の絆創膏は水分を含んで
自己治癒を引き出すようになっている。

 ほ~~~ら!  解ってきたでしょう?
歯科における、歯ブラシは決して予防では無くて、自己治癒を導く、最高の治療なんだ!

 自分の身体がウイルスから守っているように、歯ブラシは自分でデキる最高の治療!
細菌感染を削ったり、切ったりしないで治せる、最高の治療法なんだ。
 だから、最近歯医者の稼ぎ頭の予防と言うワードが嫌いになった理由!

 そして、こうした事実は本当は、患者さんも解ってるんだよね?
ついつい歯ブラシが面倒になったり、フロスをサボったり、定期なクリーニングを受けなくなったりする(>_<)
  でもねオイラも血圧が高くても、ショッパいモノは食べたいし、腰痛が酷くても、リハビリに通えない!
  オイラはタバコは吸わないけど、癌になるからと解っていてもいてもタバコを吸う人はいる!

人間そんなモノ! それで良いとオイラは思っている!

医者や歯医者が、守れと言っている事を、100%守ったからと言って、永遠の命を
手に入れられるわけじゃ無い!

 結局神様の描いた地図には逆らえない!
だから、そんな困ったときにだけ、歯医者は自己免疫という、最高の治療法のお手伝いができれば良いと思ってるんだ!

 何かこんな、ナチュラリストみたいなコメントすると、昨日大麻で捕まった女優さんの
ように思われるとチョッと困る!
 今、流行りのホメオパシーだったり、自然食品なんかで生活したら
戦前の平均寿命50歳代に戻っちゃうから! やっぱり科学と栄養(旨いモノ)は大切!

 あと、何もやらないで、、解ったフリの人とも同じに見られたくないんだけど
生化学的に考えれば、考えるほど歯ブラシは最高の治療法なんだ!

  でもさ、みんな歯ブラシが完璧で歯医者要らずになったら、食べれなくなっちゃうな(;_:)
だから皆さん、困った時ぐらい来てくださいね(^^♪
 
 
 

 


2014年7月 8日

reno_top.jpg
この頃、YAHOOニュースなんかで世の中を騒がせている、歯科用タービン(歯を削る器具)を滅菌せずに使い回しをしている件について、今日は久々にブログを書いちゃおうかな(^◇^)

 そもそも、タービンを滅菌している歯医者さんが、世の中に3割ほどいるというデータが新聞に載っていましたが、現実には数%未満というのが本当の所でしょう(歯科用器具を売っている業者談)(^◇^) 

 出入りをしている業者が、直接見て言っているので、これが1番正確な所だと思われます。
皆さんが座る椅子(歯科用ユニット)にタービンが付きっ放しというう事は、殆どの場合、アルコールでサッと拭いてそのまま使いまわし(>_<)
 洗っているだけ、ラーメン屋のドンブリの方がキレイかも(引き合いにしてラーメン屋さん御免なさい)

当院も開業20年近くを迎えますが、15年ほど前までは各患者ごとタービンの滅菌を完璧にするという事は難しかったですね((+_+))

 なぜなら15年前までは高速滅菌機(だいたい20分ほどで滅菌ができる、通常は1時間程掛かる)が無かったので、1日数人しか来ないような医院であれば可能であったでしょうが、ほとんどの医院ではできていなかったのが現状だったでしょう。 まあ来院数が少なくてもヤラナイ所はヤラナイでしょうが^^ 

こんな事書くと歯科界から抹殺されるかな~(:_;)

 国から補助を受けている大学病院でさえも、各患者毎にタービンを滅菌し始めたのはほんの10年程前と思われます。(一般歯科医院は全く補助無し(ToT)/~~~)

 でも少しだけ許して欲しいんです!
 なぜなら、タービンの滅菌は歯科医院にとってはものすごーーーくハードルの高いんですぅ~(>_<)

 滅菌するという作業は、器具に高熱をかけて細菌やウィルスを死滅させることを言います。
歯科用タービンは毎分40万回転という、とても高速で回しているため、ほんの少しのゆがみでも、器具は回らなくなってしまいます。

 ところが熱をかけるたびに、器具に変形を起こさせてしまい、簡単に故障を繋がります。最近でこそ、このタービンと言うシロモノ^^安くなったとは言え1本7万円程、それこそ15年前は1本20万円ほどした高価なシロモノ! 
 その上当時は、新品を購入しても1か月と持たずに壊れて病院入り(>_<)   
  
 一回の修理費が4万近く! その上それが月に何本も(T_T)  

月末に請求書が来るたびに、ま~奥さん聞いて下さいよと愚痴を言いたくなるほどお金が掛かった。
 更に傷口に塩を塗るように、ドイツ製の高速滅菌機(当時、高速滅菌機はこれしか無かった)が壊れるは維持費は掛かるは(>_<)

 それでも歯を食いしばって50本近くを購入!

 欲しくなかったけど次々に入院するので(:_;) 

 そう言えば当時、製造メーカーと揉めまくったな~  とても滅菌対応と呼べるシロモノではなく
業者にどうなってるんだと詰め寄っても、他に滅菌してる所が無いからデータが取れないので、挙句の果てに先生の所でデータを取らせて下さいなんて始末!<`ヘ´>
 当時は相当いい加減だったな~

 その上、滅菌しなければならない切削器具はタービンだけではなく、衛生士さんが使用するマイクロモーターや入れ歯を削るマイクロモーターと呼ばれる、タービン同様の豪華キャストも用意しなければならず総額****万円~  ギえ~死ぬ~(T_T)

 この滅菌計画をスタッフに話した時に、当時勤めていた衛生士さんや助手さん、挙句の果てにはドクターに至るまで「大学病院ですらやって無い事を、なんで私達がこれ以上忙しい思いをしてヤラナきゃならないんですか?」と泣きながら詰め寄られ、その上そんな金あるなら給料あげろ!

 皆さまの言う事は御折ごもっとも(T_T)  でもオイラも正義を振りかざして、言ってしまった手前
もう引くに引けず、滅菌係のスタッフを増やして、強引に進めた。

 しかしその結果15年以上が過ぎて、現在では滅菌していない物を使用しようなんてスタッフはいない。
 未だに壊れるタービンに滅菌が追いつかなくなってしまっても、一切妥協をしようなどと思うどころか、滅菌したての熱々のタービンを無理やり持たされて、オイラの白魚のような手はヤケドだらけに(嘘です)(^◇^)

 あれや、これや滅菌する物が増えて、今では技工物(歯に入れる金属)に至るまでになりましたが、その正義は間違いなく現在のスタッフに培われています(^O^)/

 ある新卒の衛生士さんが色々な診療所に見学に行って、こう言ってました「歯医者は細菌を相手に治療をしているのにウイルスをばら撒いてしまっては、どんなに派手な治療や宣伝をしても何のために診療をしているんでしょう?」
 
 う~ん一言も無い!
 歯医者は細菌という抗菌薬が効く微生物を相手にしているのに、ウイルスという人間が治療薬を持たない物ばら撒いているのは、一体どうなってるんだよ?と、この衛生士さんは問うて来たんですよ(+o+)

 そうですね、この衛生士さんの疑問を解消するためにも日本の歯科医療は、変わらなければイケない時期が来ているんだと思います。  
 でもあの時だいぶ反発あったけど無理して頑張って良かった^^ 

  当時無理して一緒に始めた先生達も、今回の報道があっても、正々堂々と胸を張っていられると、感謝の言葉を頂きました(^◇^) 一円にもならなかったけどとも言われましたが^^

 当医院でもオペ室のような、完璧な滅菌とはナカナカ行きませんが、歯科医院に御自身で通って来られる方達の身体を守れる程度は、クリアーできる域に達したかな?などと天狗になる今日この頃でありました(叱ってください、こんなオイラ)
 
 しか~し今回、清水の舞台から飛び降りて、その上、城崎温泉に200回にもおよぶカラ出張ををして号泣会見に臨む議員のドキドキを通り越して! 歯科医院日本第一号となるプラズマ滅菌機を導入してしまいました~  (ちゃんと支払えるかな~(:_;))
 
 更なるパワーアップを目指して頑張って行きたいと思います~(^O^)/

まあ その前にこんなブログを書いてるオイラの脳みそを滅菌した方が良さそうかな((+_+))

2014年5月12日

写真 1.JPGのサムネール画像
突然オイラの全身麻酔から覚めての写真です(>_<)
皆さまの寝起きが悪くなるような物をいきなりアップで見せてしまい本当に失礼します!
久しぶりのブログのアップが、こんなオッサンの写真で皆さま不愉快だと思いますでしょうが
どうかお付き合い下さい(^◇^)
ずいぶんとブログの間が空いてしまったのには訳があります。

実はオイラの右手なんですが、6年ほど前から仕事のし過ぎで(サーフィンのし過ぎかもしれないが(>_<))右肘内側側副靭帯損傷と右尺側手根屈筋腱断裂なんて、中国の新聞記事のような漢字だらけの病名で、簡単に言うと、毎日強く物を握り過ぎにより筋肉と骨の付いてる所が千切れちゃったんだとさ(T_T) 

今巷で話題の錦織 圭選手が手術した部位と、少し古くなるけどピッチャーの松坂選手が手術した部位の両方が限界の状態に来ていたそうです。

なんとなく二人と同じだと嬉しい気がしますが、やっぱり怪我はダブルでも嬉しくない(T_T) 

そんな訳でなんとなく右手を動かすのが億劫になってブログをサボっていたんですぅ(って言い訳だな(^◇^)
でも肘の原因はやっぱり仕事だと担当医の先生が気を使って言ってくれた)

 今日は何をお話したいかと申しますと、やはり患者になって初めて患者の気持ちが解るというものですね!
 普段もなるたけ寄り添った治療を心がけていますが、自分がまな板の鯉になると(まな板の豚か?)
本当に手術が怖かったのと、今のリハビリの痛みに悲鳴を上げる情けない自分があります。皆さんも身体にはくれぐれも気御つけて下さい!

でもオイラを手術してくれた先生も病院のスタッフの方も本当に優しく素晴らしい治療でした(全身麻酔薬が合わずゲロゲロでしたが) 何よりも内視鏡手術の進歩により、本当に低侵襲で殆ど傷口も無い状態なんですよ(*^_^*)やはり傷口が小さいと治りが良いのは当たり前ですね。

それは人間の自己治癒力を最大限に引き出してあげてるからですね。どんな手術も治療も結局は自己治癒力が組織の回復を行うからなんですね。
内視鏡手術はその幅を最大限に生かしきっている治療といってもおかしくないと思います。

当院でも謳っているように、歯科治療も低侵襲(MI)が良いに決まっています。今回の自分が患者になってみて更に一層低侵襲な治療を心がけてスタッフ一同取り組んでいきたいと思う今日この頃です。
(*^_^*)でもベッドで横たわってるオイラもやっぱり魅力的だなぁ(当院のスタッフは入院して院長は頭がおかしくなったと横で申しております 笑)

2013年9月10日

 少し前にテレビの番組の中で外国人の方達は、最初に異性の何処に目をヤルかとのアンケートを取っていた。結果はブッチギリで歯並びでした~。

 イヤイヤ全くなんで?歯医者の僕すら、あまりそうは感じ無い(涙) きっと大部分の日本人の感想でしょう~。
 
 では歯科学的に考えて本当に矯正は必要でしょうか?私たち歯医者は学生時代に歯並びが悪いと歯ブラシが行き届かず、その部分が虫歯や歯周病になってしまう可能性や、かみ合わせの悪さで噛む力が弱く栄養摂取や成長にも問題が起こると習いました

その上歯並びの良い方は、悪い方より脳内温度が0,03℃高いので、頭が良いかもしれないなどと全身状態まで含んだ、スンゲ~!デマを教えられていました(歯医者は全身状態の勉強も研究も、していないからッテカ!肩こりや頭痛の治療したら医師法違反だから)

 確かに歯並びの良い方が、歯ブラシはしやすく汚れは取り易いかもしれないけど(^◇^)歯並びが悪くても、キチッと磨く人方が、歯並びが良くても磨かない人より当然虫歯や歯周病の発生率は低くなります(当然か^^) 

 じゃあ磨いてりゃ~矯正なんていらねーじゃんって、今日の話題をひと蹴りしてしまうよう一言を(涙)滅多に書かないブログを必死こいて書いているオイラを完全否定してしまうような自己完結をしてしまう今日この頃でありました!って  
 ちが~~~う!そんな哀しい結末のためにこんな物書くほど暇じゃな~~い!

  矯正をヤラないオイラが今日ここでこうして、わざわざ矯正をテーマにしたのには、愛と正義を皆さまにお伝えしたからであったのでございます~(ってそんなに凄いテーマなのか?)去年、三年半続いた矯正器具が取れて(泣) 人生最高な気分を味わったオイラ!

 そう矯正は実を申しますと、とても痛くて辛い。
 歯が動くたびに、噛むのも痛いし口の中は矯正器具と擦れて口内炎だらけになって拷問のような思いをします。じゃあそんな事を知っている、当時45歳の歯医者であるオイラが、なぜ矯正を始めようと思ったか?
 やはり一番は見た目でしょう。終わってみた感想は、やっぱり噛むのは前の方が噛みやすい。なのにどうしてこのおっさんがそれだけ見た目にこだわったのか?
 別に女性にもてたい訳でもなく、(スイマセン(>_<)ウソつきました。)メンズnonnoに載るわけでもないこの私が、こんな苦難を乗り越えて、三年半もの間、拷問のような生活を送ったのには、本日のブログの最初にも書いたように、外国人は歯並びをほぼ人格として相手を見ます。

 海外の学会に行った時や、海外旅行に行った時、白人のDrどころか一般の人にまで歯医者のくせになぜ?そんなに汚い歯並びをしているのか?と言われる場面が多々ありました。
 まあだって奥さんそうでしょう? 巨デブのダイエット本を書く芸能人も居ませんし、歯並びの悪い歯医者がいくら歯の話をしても彼らが受け入れる事はあるわけがありませんよね?(涙)

 そんな訳で、清水の舞台どころか池袋サンシャインの上から飛び降りるつもりで、矯正を始めるオイラがいた訳です。痛いの解ってたからついでに究極のダイエットになるかな~なんて思ってましたが、お腹が減れば人間は歯が痛かろうと舌が痛かろうとご飯は食べると言うことが身にしみて解りました。
 結局矯正終わっても体重増(>_<)な~~~んも良い事無かったバイ(`´)(何で九州弁?)

 なんてこともなく(^-^)やっぱり笑った時に歯並びが良いと、こんなジジイでもちょっぴり嬉しい(^O^)/思わずニヤッとしてしまう

 その上海外に行ってもおもいっきり生テレビなぐらい笑えるようになった!ついでと言っちゃあなんですが、職権乱用でホワイトニングもした。

 さて本日の結論!毎日、毎日テレビでも新聞でもグローバル、グローバルと騒がれるこの時代
きっとこれからの若い方達(オイラも含む)は、今以上に海外へ行き、外国人と同様のカルチャーに身を置き、ハグやキスを挨拶のようにかわす場面が増えるでしょう。
 その時に相手がハグやキスをしたくないと思われないようにする事は仕方がない事かと思いますね!
 30年前日本人女性の脇がまだジョリジョリだったけど、今ではそんな方がいないように結局西洋文化を入れなくてはならないんですね(T_T)黒船のバカ~って、綺麗にするのに卑屈になる必要はないか!

 しかしながら矯正は痛い、いたい、イタ~~い!ってしつこいか(;_:)だから、できれば短期間で終われることにこした事は無い。  

 でも最近は随分と小さな子供から矯正を始めるケースが増えていると思う。矯正を手掛けないオイラが言うのも何なんだけど、明らかに必要の無い症例が見受けられます。

 歯並びの悪さは顎の骨より歯の幅が広すぎる事によっておきますが、これを小さい時から拡げる治療があります。大体一年間で10ミリぐらい大きくする事ができますので、流石に4歳や5歳から始めるのは早すぎます(*_*)  (どんだけデカい顔にしようとしてんだよ!)
 
 永久歯が萌え代わるころまでにそんなに大きくする必要が無いからです。反対咬合などの特殊な症例を除けば、そんなに小さい頃から矯正器具を付ける必要が無いと思われますが、巷では患者の抱え込みと思われるようなケースがしばしばあるようです。

 矯正は成長の終わる17歳ぐらいまで続きますので、あまり長期におよびますとお子さんに負担を掛けるばかりでなく、幼い頃の食べるのが楽しい時期をずーっと、ストレスを掛ける事になってしまいます。
 こんな事書いてると矯正のドクターから激しく苦情が来そうですが(泣)やるべき時にやるべき事をしていただける信用のおける矯正医を選びたいものですね(^_-)-☆

 ちなみに良く、現代人は固いものを噛まないから顎が小さくなってますと言うのは、間違えで(^^♪本当は昔より歯の大きさが大きくなっているんですね!栄養がいいからでしょうね!

 いかんせん江戸時代より人間は全てが大きくなっているのは当たり前なんで、顎だけ小さくなんるなんて迷信なんですよね~
 どうです?如何でしたか?矯正をヤリもしないオイラの愛と正義は(^_-)-☆


2013年8月26日

 写真.JPG5.JPG
秋も近付いてきている、今日この頃! 皆さんお元気ですか?公私共々忙しくブログの更新をサボってしまい申し訳ありませんでした~^^

 まぁ~しかし八月も終わりだと言うのに暑い、熱い、アツい  アツーーーーイ!って        余計に暑くなる文章で申し訳ない^^この暑さを吹き飛ばすような景気の良いイグ゙ノミクスのような話をしたい所ですが、全く持って人様に講釈たれられる程の、話題も文章力もない私。

 この夏も特別な事も無く、愚妻が妊娠中のために、お盆も普通どおりに診療をして暮らした今日この頃なので、景気が良いどころか、また近隣に2件も新しい歯医者さんが出来て、冷や汗をかく思いで過ごす毎日です^^ 

  冷や汗をかくで、ちょうど思い出しましたが、この季節ヒゅ~ドロドロ♪と怪談話でもしたいところですが、そんなネタもなく(T_T) しかしながら歯医者(僕に)にとって背筋も凍る事が多発します(゜_゜>)
 それは!歯医者の先生もお盆休みとの事で、近隣や遠方からも、歯医者の先生が治療に訪れてくれます。

 普段から同業者が通って頂いては、くれてはいるのですが、この季節は頻繁に出没されます(熊か!失礼な) しかしながら同業者の治療は、熊に遭遇したぐらいに緊張するのは言うまでもありません!

 信頼して来て頂いているのはありがたいのですが、微塵の妥協も許されず(皆さまのも妥協しておりませんが)わずかなミスも許されず(皆さまにもしてませんが)(*^_^*)緊張の連続が続きます(>_<)

 元々ドクターからの紹介患者さんや、ドクターからの依頼を受けて、そこの診療所に行き治療を請け負う事も多々あり、それも緊張をするのですが、直接ドクターの治療はその10倍返しだ!って半沢直樹のセリフぐらい緊張をします。

  断れるなら断りたいぐらいです(T_T)なぜなら歯科の場合、どんなに言い訳をしようとも、それが長期間、そのドクターの口の中で証拠となって存在してしまうからなんですよ~
 恐ろしや~! 手前味噌だが、でもやっぱり少しだけ嬉しい~。

  若いころは、診療室がもっと繁栄して欲しい、歯医者として発表などで有名になりたい!
なんて俗物な部分が自分を支配しておりましたが、齢も50をちかくして、人から頼りにされるのは限りある自分の人生の喜びとなって来ました。

近隣や遠方の歯科医の方、元々ウチで働いていたドクターや衛生士、スタッフの方、その家族が皆、今も変らず来院して頂けるのは、10倍返しに匹敵するほど有難い。

  これからも、ほんの少しの精進でドクターを騙し続けて(ウソです、ちゃんと頑張ります!)、本当の意味での信頼を勝ち取りたいと想う今日この頃です(*^_^*)

  最近この手のランキング本や週刊誌が、高い広告費を取って歯医者を餌食にしていますが、こんな物に金払っている歯医者さんは本当の信頼は勝ち取れないような気がするのは、僕だけでしょうか?

2013年6月 6日

ビフォアー2.jpgアフター2.jpgのサムネール画像

古来より、女性の美への飽くなき探究心は、全ての科学研究を超える程の、すさまじい想いがあるようですね!(^◇^)
クレオパトラや楊貴妃の美への逸話は尽きる事がないように。。
 シンデレラでは、歳を老いていく恐怖から、嫉妬に刈られた継母が殺害計画を企てちゃう程、女性の美への想いは激しいようですね!(+o+)

 でも、そのお陰と言っちゃ~、変ですが、男は綺麗な女性にモテたいイッシンから、他のオスに勝ち続けるように頑張った! だからこそ今日の人類の繁栄があったと言っても過言じゃないほど、女性の美は大切に思えるのは僕だけですかね~?

 当医院の昼休み医局も女性スタッフの話題は新しいコスメやダイエットの話題が満載で
僕のようなオジサンは入り込む余地すらなく、相手にもしてもらえないのが現状です(T_T)

 まあ(涙)気を取り直して、本日のテーマに行きたいと思います(^O^)/
人間は年齢がいくと、お肌から水分が減ります!これが全ての女性の敵となっています。
そのせいで、お肌はカサカサして、潤いを失いそして最悪なシワという(>_<)女性にとっては悪魔にも等しい怪物が出現して来ます(恐)!

 話は変わりますが(って変わるんカイ!) 皆さんは法令線ってご存知ですか?
法令線て言うと何か、法律的に超えてはいけない危ない線のように感じるんですが(確かに超えてはイケない線かも(>_<)! 決して六法全書に載ってる物では無く、人間の顔には全ての人が持ってる線の事です。
法令線とは、鼻の横の頬の部分から口元に掛けて伸びる線で、時には唇の脇を超えてアゴのトコロまで伸びるシワ(マリオネットライン)を言います。
 歳を重ねこの部分に水分量が減ると、このシワが深くなって来ます(T_T)
このシワのげに恐ろしきは、顔の中心に存在する所にあります!
日本の女性は前髪をオデコにかける方が多いいので、見える部分の中心が鼻から頬にかけてになる事が考えられます。。
しかるに、このシワが深くなるととどうしても老けて見えがちになってしまいます。
 私たち歯医者は、学生時代に良い入れ歯を入れれば口元のシワは治せると習いました(+o+)
今になって思えば、ずいぶんインチキな事、間に受けてたな~と思います(笑)
だって奥さん!そうでしょ!口元のシワは歯が全部あっても増えて深くなっていくし、水分が減ってシワができるのに入れ歯の厚みでシワ消したら、猿みたいになっちゃいますよ~

現実,僕も昔しに母親に作った入れ歯が、シワを伸ばそうと頑張ってみたものの、出来上がりは
猿の惑星のコーネリアスのような口元になった覚えがあります。

 やはり、水分が減った物は水分で補うしかないんですね(^◇^)
昨今は、法令線や唇の周りのちりめんジワには、ヒアルロン酸が使われるようになってきております。
 ヒアルロン酸は整形外科で関節などに多く臨床応用されていて、安全性の高い潤いを戻すための物です。
これを、口元のシワに応用してあげることによって、お肌の張りを戻し、見た目の若さを取り戻してあげる事が出来ます(^O^)/
 しかも、美容整形では無いので、皆さんの元々あった肌の潤いを取り戻す事がメインで、顔の形を変えたりするものではありません。若がえりが、その場でわかる女性の強~い味方です。

ウチのスタッフが皆、美しさを保っているのはヒアルロン酸のせいかもしれませんね(笑)
でもそんなスタッフが一番怒るのは、ヒアルロン酸の約束をしておいたのに、僕がすっかり忘れて帰ってしまった時です。 歯科治療なら怒られないのに(>_<)
  ~やはり女性の美への執着心は恐るべし~(*^_^*)

2013年6月 2日

写真.JPG
だんだんジメジメ暑くなって来ましたね!
巷の話題も梅雨真っ盛り!カラッと晴れ上がった夏が待ち遠しいですね
そんなわけで、今日は4月にハワイで行われたAAE(アメリカ歯内療法学会)に
出席した時に、冷や汗があふれる程ヒヤっとした出来事の、冷やしブログを提供したいと
思います。
 
学会は世界中から参加していた多くのドクター達に刺激を受け、やはりアメリカの学会は
相変わらず凄いな~と圧倒されるばかりでした。
しかし事件は学会会場で起きたのではなく、現場でおきたんです!(ネタが古い)

 その現場とは(>_<)  ノースショアーにシーズン最後ぐらいの波がヒットしており
学会前の早朝に、愛知からいらしていた、サーファーのドクターとレンタカーを借りイソイソと出かけた時の話です。
波はハワイアンサイズの5フィートオーバーと、ヘッポコサーファーの僕を痛めつけるには
充分すぎるものでした(危うく溺れ死ぬ所だった)。ギラギラとおっかないローカルサーファーに邪魔者扱いされながらも
なんとか数本良い波をゲットすることができて、ご満悦な気分で学会会場に向けてレンタカーを
颯爽と走らせていました。

 なにぶん海外の運転にも慣れて無く、その上拙い英語力のために、
車の英語のナビが指示した交差点の一本手前を曲がってしまいUターンする場所も
解らず、ドンドンと本来の道から外れていき(T_T)どうにもならなくなっていました。
 
 学会の開始時間は迫りますし、英語のアホNAVI君は僕らにムカついてるのか
反応すらしなくなってしまい、脳みそはオーバーヒート直前に熱くなっていたその時、
なんとなく右側にドンくさそうな、田舎の脇道が見えたので、ここなら奥でUターンができるだろうと
エイやッタ~とハンドルを右に切りました(^O^)/ あ~ やっと戻れると思ったのも、
つかの間(T_T)  ドンくさい田舎の脇道は、アメリカ軍基地のゲートに続く一本道だったのです~

 ゲートの向こうには大きな機関銃を抱えた屈強なGIジョーのような兵士2人が、明らかに友好的では無い表情で、こちらに来いと手を振ってました。
 先ほどまでテンパってかいていた汗は、一瞬にして凍りつき全身から冷やし中華が噴出しそうな状態になって行きました。
 我々は、兵士に懇願するように「I am sorry~ only mistake Its way was lost(T_T) 
we are Japanea~z(V)o¥o(V)}などと、殆ど叫びにも似た声で、ほぼ通じない英語で謝り倒しましたが、兵士の表情はイッコウに怒ったままで(日本でだったら、真っ黒なサーファー親父二人が
これだけ謝り倒したら爆笑ものだ!)機関銃に手を掛けながら免許証を出せと叫んでる! 

 ブぇ~~~ オッかね~~~(T_T)  そんなモノで至近距離からぶち込まれまくったら
男前で(嘘)売ってきた、俺の遺体が跡形もなくなっちまうじゃないか~(>_<)
 頭の中で15年前に逝ったお袋が、コッチに来るなと手を振っている。
恐怖に耐えながらHold upをし、そして国際ライセンスとパスポートを手渡し
謝り続けた。 彼らはそれを持ち無線で何やら長々と話したいた。
こちとら、軍法会議に掛かって帰れなくなるんじゃないかと冷や冷やしてるのに!

 いや!ちょっと待てよ、なんでこんなサーフボード積んだ日本人にここまでするんだ?
そっか~ 今のご時世この若い兵士達も自分の身を守るのに必死なんだな~と思うと
少し可哀想にすら思えるようになって来て、冷静さを取り戻すことができた。

 しかし、そこからが長い!長い! いつまでたっても返してくれる様子がない~(>_<)
学会に間に合わな~い! なんて考えられるほど落ち着いてきた時、ほどなく解放された。
 ぐったりしながら会場に車を走らせたが、やはり勉強の時は、勉強だけをしようと心に誓った2人であった~。(嘘)
 みなさんも、こんな冷やし中華な経験をした事ありますか?

2013年6月 1日

image.jpeg
6月1日は当医院の美人Dr.鈴木先生の誕生日でした。
それを記念してブログを始めたいと思います(^◇^)

当医院は院長始めスタッフがとても仲良くて、(院長の勝手な妄想(T_T))
全てのスタッフの誕生日には特別に何も言わなくても、皆それぞれがお誕生日プレゼントを用意して御祝をするとても良い習慣があります(^O^)/ 
御蔭で皆居心地が良いようで長い年月働いてくれています。
でも、女性スタッフが多い場所なので、いつか皆、お嫁に行っちゃうんだろうな~(T_T)
経営者も20年近くなるといつも人を送り出すばかりで、少し寂しくなってきます。
娘を嫁に出す、父親の気持ちが身に染みて分かります。
でも今の所お嫁に出す予定はなさそうです。(スタッフに刺されるかな?笑)

PS.院長は一昨日のスタッフの誕生日プレゼントを忘れてました!スタッフ一同より(笑)

2012年12月 3日

いぐち歯科クリニックのブログをスタート致しました。
これからは、皆さんに治療はもちろんのこと、歯のメンテナンスについての情報も発信していきます。
どうぞよろしくお願い致します。

いぐち歯科クリニック
http://www.iguchi2525.com/

いぐち歯科クリニック 院長 井口晋利

いぐち歯科クリニック
院長 井口晋利

http://www.iguchi2525
.com/

【略歴】
平成3年3月 昭和大学歯学部 卒業
平成6年8月 いぐち歯科クリニック 開院

【所属学会・認定医など】
●日本歯科保存学会
●日本歯内療法学会
●日本顎咬合学会
●日本障害者歯科学会
●IADT
●自家歯牙移植研究会
●日本歯科麻酔学会
等々所属研修会多数