2011年12月 9日 « トップへ » 2013年3月25日

2012年10月24日

歯科で行うヒアルロン酸◎注入療法

えっ!歯医者さんでヒアルロン酸?と思っていませんか?

歯科で行うヒアルロン酸◎注入療法

せっかく歯がキレイになったのに、シワが気になって笑顔が・・・と、お悩みの方はたくさんいらっしゃいます。今まで通院するには、敷居の高い美容クリニックも、歯科治療のついでに簡単に、かかりつけのドクターがトータルであなたのお口周りをキレイに致します。

「このシワがなくなったらいいのに・・・・・」と、鏡を見ながら悩んでいませんか? そのお悩みはヒアルロン酸注入療法で解決します。

歯科で行うヒアルロン酸◎注入療法些細なことでも結構ですので、ぜひお問い合わせください。

*当院ではお口の中から麻酔をしますので痛くありません。(お口周りへの注入の場合)

1本(1ml) 30,000円(税別)

ヒアルロン酸でほうれい線ケア

シワは、人間に限らず避けて通ることが出来ない「老化現象」の1つです。
「しかたない...」とあきらめるのも解決の一つではあります。しかし、現在はヒアルロン酸による解消が可能です。

ヒアルロン酸は、保湿性が非常に高く、関節を滑らかに動かすために不可欠なものですが、年齢を重ねるごとに減少し、体内では作ることができません。

当院ではこのヒアルロン酸の処置も行なっており、その一部をご紹介いたします。

<Iさんの場合>
症例

<Kさんの場合>
症例

ヒアルロン酸注入Q&A

1.口の中から注入しますか? 外から注入しますか?
当院では、皮膚側、お口の中、どちらからでも注入可能です。

2.どれくらい痛いですか?
当院ではお口の中から麻酔をすることが可能です。また、使用するヒアルロン酸自体にも麻酔剤が入っておりますので、注入後の痛みを軽減できます。

3.副作用はありますか?
基本的にありませんが、注入後に針跡が赤くなる人もいます。赤みは数時間から2~3日で消えます。稀に小さな腫れや内出血が起こる可能性はあります。腫れは2~3日程度で治まります。内出血した場合は1週間~10日前後で吸収されて無くなります。

4.修正(入れ過ぎなど)はどうなりますか?
ヒアルロン酸分解酵素により、修正が可能です。

5.持続期間はどれくらいですか?
部位、注入量、製剤の種類にもよりますが、半年から1年程度です。

6.治療にかかる時間はどれくらいですか?
注入の範囲にもよりますが5~30分ほどです。

7.唇には注入できますか?
リップラインの形成やボリュームアップなどが可能です。

8.注入用のヒアルロン酸にはどんな種類がありますか?
シワ治療に用いるものと、関節用があります。関節用はすぐに吸収されてしまうので、シワの改善には適しません。美容向けのものは、架橋構造(溶液をゲル状にする)にすることによって、シワを持ち上げ、持続するように精製されています。

9.レーザーをするとヒアルロン酸が溶けてしまいませんか?
基本的には溶けませんが、注入前後1カ月は避けるようにと提案されています。

10.マッサージでヒアルロン酸が移動したり、無くなったりしないですか?
マッサージが原因でヒアルロン酸が移動したり、無くなったりすることは基本的にありません。

11.注射後に気を付けることはありますか?
注入部位を必要以上に触らないように気を付けて下さい(感染予防)。初めての方は、違和感を感じることがありますが、数日でなじみます。

ジムやジョギングなど、代謝が良くなるような運動は注入当日は避けてください。また、当日の飲酒と入浴も避けてください。ただし、シャワー浴のみは可能です。血行が良くなると、腫れや内出血に繋がりやすくなるため、注入当日は行わないようにしてください。

また、マッサージやエステは注入後の腫れや痛みが退けば問題はありませんが、注入後数日は必要以上に触らないようにして下さい。造顔マッサージ、リラクゼーションのフェイシャルなど、どの種類のマッサージでも、腫れや痛みが退けば問題ありません。)

12.お化粧はいつからできますか?
注入後から可能です。

13.持病があっても大丈夫ですか?禁忌は?
◎糖尿病・膠原病の方
◎妊娠されている方・授乳中の方
◎注入箇所周辺が化膿している方
◎ケロイド体質の方

などはお控えください。


2011年12月 9日 « トップへ » 2013年3月25日


コールバック予約