2011年11月 7日 « トップへ » 2011年12月 8日

2011年12月 7日

ようこそ、いぐち歯科クリニックへ

ようこそ、いぐち歯科クリニックへ

数ある歯科医院の中から、当院を選んでいただき、ありがとうございます。

私たちいぐち歯科クリニックは開院以来、周辺地域の患者さんを中心に狭山市・入間市・川越市など近隣にお住まいのみなさまの"歯のホームドクター"として、診療にあたっています。これからも慢心することなく、緊張感を持って患者さん一人ひとりと接していくことをお約束いたします。

このページでは当院のポリシーをご紹介します。

<当院5つのポリシー>
1.健康保険は素晴らしい!
2.当院ではあえて「担当医制度」を行いません
3.オーバートリートメント(やり過ぎの治療)は行わない!
4.やるからには、最高を目指して!
5.リスクから説明したい、この想い!

 

1.健康保険は素晴らしい!

健康保険は素晴らしい●高価な補綴物などが本当に必要でしょうか?

歯科の治療・予防はお口の中の性質上、歯医者と一生涯のお付き合いになります。歯医者に行くたび高額治療の話では、患者さんはたまったものではありません。当院は気軽に定期健診を受けられ、歯科医院とのスタッフと笑顔で話せる、そんなクリニックを目指しております。

患者さんの中には、「保険の治療では充分な治療を受けられない」と思っている方も多いでしょうが、それは本当でしょうか?確かに完璧とは申し上げませんが、日本の厚生労働省は、素晴らしい医療を国民に提供してくれていると当院は思っております。

なぜなら日本が世界一の長寿国家ということこそがその証明と思います。医療の本質からかけ離れてしまうような、見えない所への高価な補綴物などが本当に必要でしょうか?一生涯の健康の維持には大変な金額が必要になります。医科と同様に金額の心配の無いような診療を患者さんと一緒に歩んでいきたいと思っております。

審美歯科の症例
外傷の症例
移植の症例

 

2.当院ではあえて「担当医制度」を行いません

当院のポリシー●歯医者さんはセールスマン?
●待ち時間が長く、好きな時に予約がいれられないことも?

みなさまは必要以上に先生やスタッフに、高い治療を薦められた経験がありませんか?多くの先生やスタッフがいるクリニックでは意識向上のために歩合給を導入している所があります。

この場合、担当医制を引いていると給与計算が楽になるという一面、必要以上の治療が行われる可能性があります。担当医制度は、毎回同じドクターが治療することで信頼関係が深まるといわれておりますが、医療従事者であれば誰もが経験するミスや甘えが生じることがあります。さらに、当院のようにほぼ無休で診療にあたる場合でも担当医の休暇やスケジュールに予約を合わせなければならなくなります。

当院は、全てのドクターが同じ想いで一丸となり患者さんの治療に当たる事により、小さな見落としやオーバートリートメントを未然に防ぎ、待ち時間のストレスをできる限り少なくする努力をしております。
 

3.オーバートリートメント(やり過ぎの治療)は行わない!

オーバートリートメント(やり過ぎの治療)は行わない●どんな先進医療も身体の変化には付いていけない
●「患者さんの満足」がモットー

歯科治療の時良く耳にするのが、このままの噛み合わせでは、大変なことになってしまう、親知らずは必ず抜かなければならない、痛くもない歯を抜いてインプラントにしましょう、といった言葉です。これは本当でしょうか?歯科医は予測のもとで、治療をすることがとても多いようです。

実のところ、歯科治療は全てが外科的侵襲を身体に与えます。できれば治療は少ないに越したことはありません。当院では、患者さんの協力をもとに、できる限りの予防を行い、やらずにすむ治療は刻々と変わりゆく身体に合わせながら、最低限で最適な治療を目標としております。
 

4.やるからには、最高を目指して!

医療機器●清潔(滅菌)をモットーに
●CTやマイクロスコープの最新医療機器は当たり前

最低限、最適な治療をモットーとしておりますが、治療が必要とあれば最善を目指していきます。重度の虫歯や歯周病も最新医療機器、設備をフル活用して治療に当たらせて頂きます。

また、当院ではタービンやバー等の、切削器具の滅菌を患者さんお一人ずつに行っています。カボ社のステリマスター及びケミクレーブによる滅菌で、全ての患者さんに徹底した感染予防の安全管理を行っています。

タービンなどの切削器具は、患者さん一人ひとりに取り替えます。使いまわしすることなく、滅菌された物を患者さんごとに装着します。だから当医院ではほとんどの器具が何もなく、後から用意するんですね!

スタッフ一同の技術と知識の研鑽による心のこもった最高の治療を目指しております。

徹底した安全管理・完全滅菌

審美歯科の症例
外傷の症例

 

5.リスクから説明したい、この想い!

当院のポリシー●院長は歯科治療が嫌いです

最近では、多くの歯科医院でコンサルテーションと言われる説明を受ける事が見受けられます。保険の範囲や通院期間等が主だった話で、ケースによっては女性スタッフに説明を受ける事もしばしばあります。

当然このような説明は大切でしょうが、何か引っかかる物があります。歯は命に関係ないから、金額や期間の話で良いのでしょうか?歯科治療の多くは、患者さんに多くの苦痛を伴っております。

未だ完璧な医療は存在しないのが現実です。だからこそ、色々なリスクを誠意を持って、あえて説明したいと思っております。こんな話をすると歯医者が嫌になってしまうかもしれませんが、心配なさらないでください。なぜなら、院長である私が歯科治療を受けるのがいちばん嫌いなのですから......。

リンク

こがめ歯科 神戸
http://www.kogame-shika.com/

花井歯科 入間
http://www.hanai-shika.com/

いながき歯科 羽村
http://www.inagaki-shika.com/pc/

吉川歯科 銀座
http://418ginza.com/

こうだ歯科 国分寺
http://www.kodadc.com/

松本歯科 稲城
http://www.matsumoto-dental.net/

さくら歯科 所沢
http://the-sakura.com/

はーと歯科 所沢
http://www.heartdc.com/

エンジェル歯科 所沢
http://www.angel-dental-clinic.ne.jp/

エレナ歯科 入間
http://www.elena-8148.com/

あみのデンタルクリニック 東大和
http://amino.dentalmall.jp/

岩崎歯科クリニック 吉祥寺
http://www.iwasaki-dc.com/

横田歯科口腔外科 京都
http://www.yokota-os.com/

いまい歯科クリニック 香川
http://www.dental-imai.com/consept.html
 
技工所ペップワン 所沢
http://pepone.co.jp/

ワインバー オーブ 所沢
http://www.aube-winebar.com/

T-STILE サーフショップ 荻窪
http://www.tstyle.net/

天川歯科 所沢
http://www.amakawa-shika.com/

アクイユ矯正歯科 所沢
http://www.accueil.ne.jp/

「強くぶつけて歯が折れた・抜けた」という方へ

外傷

「強くぶつけて歯が折れた・抜けた」という方はいませんか?もしその場合でも、シッカリとした処置を行えば、ほとんどのケースで神経をとったり被せたりしなくても、改善が可能です。

このページでは外傷についてご説明をいたします。

歯が抜けたり折れたりしたら......

歯が抜けたり折れたりしたら、水か牛乳、または飲み込まないように口の中に入れておいて、早めに必ずかけらを乾燥させずに持ってきてください。

そのままにしておくのは、要注意!

外傷症状が軽い場合でも、しばらくしてから症状が出ることもあります。さらには、そのまま放置しておくと、治療しても予後が悪い場合もあるのです。

また、子どもの歯の場合はあとから生える永久歯に影響を与えることがあります。たとえ、痛みなどの症状がない場合でも、一度ご相談ください。

外傷の症例

症例1
外傷の症例
歯が折れていらっしゃいました。
下へ

外傷の症例
乾燥させずに持ってきてくれた折れた歯。
下へ

外傷の症例
接着しただけでとてもきれい。

症例2
外傷の症例
これは中の神経まで達してましたね。
下へ

外傷の症例
中の神経が見えます。
下へ

外傷の症例
持ってきてくれた歯をくっつけました。

症例3
外傷の症例
強くぶつけて歯が半分抜けていました。
下へ

外傷の症例
ワイヤーで固定しました。
下へ

外傷の症例
半年後、ちゃんと治ってますね。

外傷の症例
ニッコリ笑顔。

症例4
外傷の症例
口の周りも血だらけでまあ可哀そう。

外傷の症例
歯が歯茎に食い込んでしまいましたね。
下へ

外傷の症例
触らず放って置きましょう。
下へ

外傷の症例
ちょっと色は変わっちゃったけどちゃんと出てきましたね。この後、永久歯に無事生え換わりました。

症例5
外傷の症例
歯も折れて、歯ぐきや唇も切れてます。
下へ

外傷の症例
歯ぐきを縫って、ワイヤーで固定しました。
下へ

外傷の症例
半年後、きれいに治っています。

外傷の症例
作り物の歯ではお子さんのこの笑顔は出来ませんね。

移植の症例

インプラントのような異物を身体に入れるより、いらなくなった親知らずを活用すれば他の治療のようなトラブルを防ぐこともできます。

ただし抜かなければいけなくなった歯のサイズと、親知らずのサイズがあまりにもかけ離れる場合には出来ない場合があります。ただしいらなくなった親知らずをこうして活用できるので、簡単に親知らずを抜くのはもったいないですね。

この治療は健康保険を使うことができます。

症例1
移植の症例
残せなかった歯の穴の奥に埋まっていた親知らずが見えますね。
下へ

移植の症例
一緒に抜いた親知らず。
下へ

移植の症例
抜いたところに埋めました。今は元気に噛めています。

症例2
移植の症例
一番奥に見える親知らずを手前の折れてしまった所に埋めてみます。
下へ

移植の症例
ワイヤーで固定してみました。前後の歯も削ってブリッジにしないですみ、インプラントのような高いお金も払わなくて良かったですね。

矯正の症例

歯を削ったりインプラントをしたりしないで、ご自身の歯できれいにすることが本当の審美ですね。
(アクイユ矯正歯科提供)

矯正症例
前歯も開いちゃっていますね。
下へ

矯正症例
うちの矯正の先生達の腕は大したもんですね。


2011年11月 7日 « トップへ » 2011年12月 8日


コールバック予約