トップへ » 院長紹介・経歴 » 歯を守るためには、プライドなんか必要ない

歯を守るためには、プライドなんか必要ない

ドクター紹介昔から、歯科医師仲間の間では「治療マニア」と呼ばれることが多かったですね(笑)。当時は、様々な勉強会や海外の学会に参加し、勉強の日々でした。海外の学会では、日本では出会えない素晴らしいドクターとの交流が深まり、いい意味で刺激になりましたね。

医療の世界は日進月歩。新しい治療技術が確立され、いままで治療不可とされてきた症例でも、助かる可能性が増えてきました。もし、新しい技術を身につけていなければ、残せる歯も抜かなければなりません。「本当は残せる歯かも知れないけど、自分は治療技術が未熟だから、抜くしか無い」――そんな言い訳をしないためにも、これからも勉強を続けていくつもりです。

わたしは、患者さんありきの治療だということを肝に銘じています。近年、自費治療を始めとする「オーバートリートメント(過度な治療)」が問題となっています。その背景にあるのが、「歯科医師のプライド」。「治療をするからには、最高の治療をしなければならない」という思いが、皮肉なことに「患者さんを置き去りにした治療」につながっているように思います。

自戒の念を込めていいますが、治療とは、まず患者さんありき。患者さんを無視した歯科医師プライドなら、必要ない。そう自分に言い聞かせながら、「患者さん中心の治療」を提供できるように、日々心がけています。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 歯を守るためには、プライドなんか必要ない


コールバック予約