トップへ » 当院5つのポリシー » 歯周病治療 » エムドゲインを使用した再生治療

エムドゲインを使用した再生治療

再生治療●歯周組織再生誘導材で歯周組織を再生
●重度の歯周病の進行を食い止める

重度の歯周病は歯肉の奥まで炎症が広がると歯周組織が溶け始めます。さらに悪化すると歯は抜け落ちてしまいます。

いままで重度な歯周病には、これといった治療方法はありませんでした。近年、医療技が向上し、有効な治療方法が確立されました。それが「歯周組織再生療法」です。これにより、重度の歯周病の進行を食い止めることができるようになりました。

歯周組織再生療法には様々な方法がありますが、その一つにエムドゲインがあります。エムドゲインとは、新しい歯周組織再生誘導材料で、若豚の歯と歯周組織を形成する細胞(歯胚)からできているたんぱく質の一種です。

歯周外科手術で歯肉を切開し、歯の骨にエムドゲインゲルを塗り、歯周組織の再生を誘発させて健康な歯周組織を取り戻します。また、エムドゲインのほかに、自家骨(自分の骨を使った移植)や代用骨を使った骨移植なども行っています。

ただし重度の歯周病は適用外ですので、できるだけ早めにご相談ください。


歯周病には日々の予防が一番の対策になります。
▶ 予防歯科ページはこちら


トップへ » 当院5つのポリシー » 歯周病治療 » エムドゲインを使用した再生治療


コールバック予約