トップへ » 当院5つのポリシー » 一般歯科(虫歯治療) » なるべく抜かない、削らない治療

なるべく抜かない、削らない治療

なるべく抜かない、削らない治療●う触探知機で削る量を最小限に抑える
●患者さんが治療を諦めるまでは抜歯しない

当院ではなるべく抜かない、削らない治療を心がけています。歯を削るときは、う触探知機で虫歯の大きさを調べてから、最小限の大きさに削ります。また、患者さんが治療を諦めるまでは、決して歯を抜くことはありません。

仮に、抜歯が必要な重度の虫歯でも、患者さんが歯の延命を希望されたときは、その意志を尊重し、なるべく抜かないために最大限の努力をします。

歯科治療の目的は2つありあます。一つは虫歯や歯周病などのお口の中の病気を治し、患者さんの健康を守ること。そしてもう一つは、食べ物を自分の歯でしっかり噛み、健康なからだを作ることです。

しかし、人間のからだは不死身ではありません。年齢とともにお口の中の機能も変化していきますが、治療やメンテナンスを行うことで、衰えていく時間を少しずつ遅らせていくことは可能です。お口の中が快適な状態になり、充実した人生を過ごし、最後の幕が閉じられるように、一緒に努力して行きましょう。


トップへ » 当院5つのポリシー » 一般歯科(虫歯治療) » なるべく抜かない、削らない治療


コールバック予約