トップへ » 当院5つのポリシー » 一般歯科(虫歯治療) » マイクロスコープを使った治療

マイクロスコープを使った治療

●肉眼では見えない部分まで確認できる
●精密で予後の高い治療が可能
●治療の幅が広がり歯が保存できる可能性が高まる

マイクロスコープは肉眼の2倍から24倍に拡大して見ることができます。これを使うことで、より正確でより精密、しかもより安全に治療が行えるようになりました。これまで根管の内部や歯周組織、歯の切削面などは、肉眼や拡大鏡を使ってもまったく見ることができませんでしたが、マイクロスコープの登場でお口の中の状態が、まさに手にとるように確認できるようになったのです。

たとえば、根管治療では、マイクロスコープを使うと肉眼では見ることができない根管内部が確認でき、より繊細な処置と治療ができます。また、マイクロスコープを見ながら詰め物を入れると、詰め物が取れたり、虫歯になったりする確率が低くなり、予後が高まります。

さらに治療後、ビデオモニターに記録ができるので、患者さんに治療内容を確認していただくこともできます。

これにより、これまで抜歯を必要としていた歯でも、延命できる可能性が高まり、より精度の高い診断や治療が可能になりました。


トップへ » 当院5つのポリシー » 一般歯科(虫歯治療) » マイクロスコープを使った治療


コールバック予約