トップへ » 当院5つのポリシー » 歯周病治療

【歯周病治療】歯周外科と再生療法による高度な歯周病治療

日本人成人の約80%以上が歯周病と言われています。国民病ともいえる歯周病ですが、この病気についてあまり詳しくないかたも多く、「一生治らない病気」と思われているようです。

歯周病治療

でもご安心ください。いまは歯科医療が発達し、早期発見・治療により、ほとんどの歯周病は完治します。さらに歯周外科や再生療法など高度な歯周病治療を行えば、重度の歯周病でも進行を食い止めることができるのです。

当院では歯周病のステージに合せた高度な歯周病治療を行っています。歯周病治療の基本は徹底した歯のクリーニングです。初期症状にはブラッシング指導と歯石除去で改善します。重度の歯周病には、ご要望により歯周外科治療や再生療法などを行いながら進行を食い止めます。

歯周病治療は根気がいる治療です。途中で投げ出したくなることもあるかもしれません。けれども、症状が進むと口臭がさらにキツクなります。ニオイで悩まないためにも、一緒に頑張りましょう!

このページでは、当院の歯周病治療をご紹介します。
 

【口臭検査器を使った口臭治療】口臭で悩んでいる方へ

口臭検査器●気になるニオイを数値で測定

近ごろ、口臭を気にするかたが増えてきました。オフィスでもエチケットとして、昼食後に歯みがきを行うかたが目立っています。ところが自分の口臭については、なかなか分かりません。

当院では口臭検査器を使った口臭治療を行っています。客観的に口臭の度合いが判定でき、いままでニオイで周りに迷惑をかけてきたのかどうかがが分かります。客観的な数値をもとにニオイの原因を探り、治療を進めていきます。

さわやかな息を取り戻すお手伝いをいたしますので、口臭が気になるかたは、お気軽にご相談ください。

エムドゲインを使用した再生治療

再生治療●歯周組織再生誘導材で歯周組織を再生
●重度の歯周病の進行を食い止める

重度の歯周病は歯肉の奥まで炎症が広がると歯周組織が溶け始めます。さらに悪化すると歯は抜け落ちてしまいます。

いままで重度な歯周病には、これといった治療方法はありませんでした。近年、医療技が向上し、有効な治療方法が確立されました。それが「歯周組織再生療法」です。これにより、重度の歯周病の進行を食い止めることができるようになりました。

歯周組織再生療法には様々な方法がありますが、その一つにエムドゲインがあります。エムドゲインとは、新しい歯周組織再生誘導材料で、若豚の歯と歯周組織を形成する細胞(歯胚)からできているたんぱく質の一種です。

歯周外科手術で歯肉を切開し、歯の骨にエムドゲインゲルを塗り、歯周組織の再生を誘発させて健康な歯周組織を取り戻します。また、エムドゲインのほかに、自家骨(自分の骨を使った移植)や代用骨を使った骨移植なども行っています。

ただし重度の歯周病は適用外ですので、できるだけ早めにご相談ください。


歯周病には日々の予防が一番の対策になります。
▶ 予防歯科ページはこちら

歯周病の進行について

健康な状態
歯ぐきの色は薄いピンク色で腫れもありません。健康な状態の歯周ポケットは1~2mm程度です。
【治療】
3~6カ月に1度の定期検診を行い、歯のクリーニングでプラークコントロールをします。また、歯の専門家によるPMTC(Professional mechanical tooth cleaning)も効果的です。

歯肉炎
歯と歯ぐきの間にある溝にプラーク(歯垢)がたまると、歯ぐきに炎症が起きます。炎症とプラークにより溝が大きくなり、歯周ポケットができます。この段階では、歯を支える歯槽骨は悪くなっていません。
【治療】
3カ月に1度の定期検診を行い、ブラッシングで改善します。歯石がついている部分は歯石を除去します。歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCも効果的です。

歯周病の進行軽度歯周炎
歯周炎が始まり、歯周ポケットは3~4mm程度になります。歯周ポケット内にプラークや歯石がたまると炎症がさらに広がり、歯ぐきの色は赤みを帯びてきます。また、歯を支える歯槽骨が溶け始めます。
【治療】
ブラッシングで歯ぐきを改善します。その後、歯石がついている部分は歯石除去を行ったり、歯ぐきの中のルートプレーニングを行う場合もあります。歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCを定期的に受けてください。

歯周病の進行中等度歯肉炎
炎症が進行し、歯周ポケットが4~6mm程度と深くなった状態です。歯槽骨の吸収もさらに進行し、歯を指で押すと動きが始まります。ここまで進行すると、歯ぐきの腫れや出血など自覚症状が現れます。
【治療】
ブラッシングで歯ぐきを改善します。その後、歯石がついている部分の歯石除去します。歯ぐきの中のルートプレーニング行うときは麻酔をして行います。重症の場合は歯周外科を行う場合も増えてきます。

術後、定期的に歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCは必須です。中程度まで進行すると再発防止が重要になります。

歯周病の進行重度歯肉炎
定期的に歯ぐきが腫れて、痛みもひどくなる状態です。
【治療】
ここまで進めば完治させるのは大変困難です。歯を保存できる状態であれば歯周外科手術、再生療法を試みます。しかし残念ながら抜歯となる場合もあります。
ここまで進行する前に、ぜひ定期検診を受けてください。

関連ページリンク

■当院5つのポリシー
当院の強み一般歯科(虫歯治療)小児歯科審美歯科・ホワイトニング
予防歯科(クリーニング)歯周病治療外傷インプラント治療
入れ歯症例のご紹介料金表医療費控除

■ドクター紹介・経歴
院内ツアードクター紹介スタッフ紹介採用情報
アクセス・診療時間リンクプライバシーポリシー

歯のトラブルなら、お気軽にご相談ください

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院5つのポリシー » 歯周病治療


コールバック予約